今日はcimaiさんのパンの販売日でした。
夏休み中のお子様連れの方や麦わら帽子を
被った方やサンダルを履いたりと、夏らしい
光景が店内に広がっていました。
夏が好きで、蝉が鳴く季節にシンボルツリーの
日陰の下をお客様が通って入店。
そんな光景を思い描いていた頃が懐かしく
感じます。

今日は上半期最終日。
今年も約一ヶ月長い夏休みをいただきます。
下半期スタートは、8月31日(木)〜。
この日もcimaiさんのパンを販売します。

では、よい夏をお過ごしくださいませ。
Img_8458cc2f27d3be5efd5c29b44f069175
Img_a5659ce6ec047deb2dd12ec48fcb6897
7月、今月は残り2日の営業日となります。
約一ヶ月の夏休みをいただきます。
本当にワガママな店ですみません!
お店を始めて4回目の夏。長期休みに入る前、
毎回こうした節目に常連さん方が顔を出して
くださいます。
嬉しいです!ありがとうございます!

実は7月は子供会のドッジボールやクラブ
チームのドッジボールが最も盛んな季節。
毎週末、朝から晩まで娘に付いて一日中
体育館にわたしもいます。
本当に暑くて、暑くて‥
けれど、子供達が頑張っている姿は眩しくて。
見ているだけで楽しい。
どちらかというと文化系の娘は決して運動神経
が良い訳ではなく、とにかく付いて行くのに
必死。でも、「やりたい」って、この気持ちが
たっぷりと満ち溢れています。
なので、父も母も弟も応援するしかなくて(笑)
可能性を秘めた10代。羨ましい限りです。

そんな7月を我が家は送っています。
ではでは、良い週末をお過ごし下さいませ。
Img_2581a360668b0dec6697a27764f52483
おはようございます。
今日は祝日。早朝から蝉が勢いよく鳴いていました。
真夏感たっぷりで、とても!暑い!
ですが、大好きな季節です。

この真夏感たっぷりな時期に橋本さんのすず竹細工
に続き、素敵なかごが届いております。
初入荷となります。
JäRVI‐ヤルヴィさんのアケビのかごです。
ヤルヴィさんのかごに魅了されたキッカケは、当店
に時々遊びにきてくださる、可愛い娘さん2人を持つ
おしゃれさんで素敵なお客様が持っていたから。
単純に「自分も欲しい。」と一目惚れでした。
お客様にどちらのかごが尋ね、ヤルヴィさんだと知り
ました。
毎回、先ずはお客様にと思い自分の元には回らない
事もあるのですが、今回ばかりは、一点自分用に
してしまいました。すみません‥苦笑い
Img_4d899811c072f948dbc73a8988bd4233
Img_f9407ca922618400bf092ce1c4dd7b23
Img_03d96689eb1c058d155694a437fb2823
作り手accoさん。accoさんの事を知りたくて
取引きを担当して下さっている、おざわさんに
いろいろ教えていただきました。

かご作り約40年のaccoさん。
まだ、かごをファッションとして持ち歩く時代でも
なく、持って歩くのもおかしいと言われた時代に
当日、高校生だったお小遣いを貰う身であった頃、
8000円もするかごを奮発して買ったことが
始まりだったようです。

結婚して、籐で編まれた小さな帽子がついた
タオルハンガーをもらい、その帽子の部分を見て、
【こんなもの作る職人さんがいるんだな‥】と思い
ながら、3年間本当によく眺めていたそうです。
3年経った頃、近所の婦人会でラタン工芸が開催さ
れ、そこに参加したことがaccoさんのラタンの道を
歩むキッカケとなったそうです。

籐を始めて20年が経ち、沢山の素材を扱い、かご、
家具、人形、オブジェとあらゆるものを作り
個展なども多く開いてこられたそうです。
その頃になるとイベントや個展を開く時、取引先や
お客様から求められるものにはかごやかごバッグが
多くなっていき、気がつかないうちにかごやかごバ
ッグを沢山作るようになっていったそうです。
編むことが好きで、無我夢中で編んでいたら
人から求められるようになったと‥

今では年間、数百という数のかごやバッグを編んで
いる中でご本人さんの手元にはそれほどかごや
バッグはないようで‥
作品を生み出すことに生きがいを感じ、御自分の手
から生まれたものが、渡った先です色を変える‥
そう考えると、とてもワクワクするそうです。
かごを編み、編む人生の中で沢山の人に出会い、
沢山の所に行き、沢山の経験が出来ていることが
宝物だと教えて下さいました。

まだまだお伝えしたい事があるのですが、
今回は此処まで。
実に自然体なヤルヴィさん。
また、作品と織り交ぜながらお伝えしていこうと
思っています。ぜひ、店頭で手に取り、
お選び頂けたらと思います。